環境対応型先進無人飛行機用小型ジェットエンジン

Eco

環境対応型先進無人飛行機用小型ジェットエンジン

YSECは国の支援を得て新潟県内の優れた金属加工技術や制御技術を持つ中小企業や産業技術総合研究所などと共同で、独自の切削技術をベースに無人飛行機用小型ジェットエンジンを開発しました。このジェットエンジンを2基搭載する無人飛行機は重量が約100kgで、燃料の重量によって変わりますが100kgの荷物を載せて運ぶことができます。

現在、目標としていた10万回転をクリアーしまして、最大の推力が18キログラムフォースと言うことで目標としていたスペックはクリアーできています。吸気側の部品をインペラと言いますが、そちらは熱がかからない部分になり、そちらにはマグネシウム合金を使っています。これは非常に軽量で強度の強い合金になります。それからタービンと言う炎の出口側ですが、ここは非常に高い温度がかかりますので、ここには通常の旅客機と同じ材質のインコネル合金という超耐熱合金を使っています。翼はハングライダーの羽を使っています。

このエンジンを2基搭載した無人飛行機は高度200mで100kmを飛ぶことができます。離着陸に必要な直線路は約25mで、学校のグランドほどのスペースがあれば十分であることから、YSECは離島や被災地への物資輸送向け無人飛行機への応用を目指しています。

飛行機を作って売るというよりは、ユーザのニーズに合わせたものを開発する、そしてシステムとして販売なりリースをして、我々が運航も含めてビジネスとしてやると言うのが一番現実的ではと考えています。今お話を頂いているのも実は学校から生徒さんの研究用としてお話をいただいていまして、年間数台から10数台という数は見込めるのではと思っています。

この小型ジェットエンジン搭載の無人飛行機には重い測定器を積めることから、海上での観測や山などの観測、それからインフラ点検などへニーズがあるのではとYSECは考えています。また、海外では道路などインフラの無い地域での輸送さらに発電機としてのニーズも模索しています。YSECではエンジン単体の価格を約200万円と想定しています。

この記事内容を問い合わせる

コメント
blog comments powered by Disqus
関連記事

LOADING...

LATEST

  1. 08
  2. 08
  3. 08
  4. 08
  5. 08

MOST POPULAR

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 全期間