?version=3&autohide=1"/>
【次世代ロボット】次世代ロボット向け部品 SEED Solutions

NEWARTICLE

【次世代ロボット】次世代ロボット向け部品 SEED Solutions

THKは次世代ロボット向け要素部品シリーズSEED Solutionsを2015国際ロボット展で実演しました。SEED Solutionsは自律型ロボット開発に最適な要素部品群で、大きく分けて動作を行なうアクチュエーターシステムと制御を行なうマスターシステムで構成されています。

我々のアクチュエーターシステムの特徴は、小型軽量、省配線、簡単操作、多軸制御となっています。通常はメインのコントローラーが多軸の制御をしますが、我々のドライバーは、ものすごい小さいドライバーですが、その中に多軸の制御機能とモータードライブのコントローラーが集約されています。ひとつのネットワークで最大14軸までの制御を行うことができます。

小型直動タイプのシンプルアクチュエーターSEED+Picselは複数台を組み合わせることで、制御BOXなしで卓上型の自動塗布機などを簡単につくることができます。また、ロボットハンドTRXは小型・高出力アクチュエーターとコントローラーを搭載し、指先の巻き込み機構とスクリプトによる制御で、様々な物体を掴むことができます。

SEED Solutionsは次世代ロボット向けの要素部品として展開していますが、自動装置向けでは自動車メーカーや、新しくはバイオの検査装置をつくっているお客様に使っていただいています。さらに次世代向けのロボットを開発されているユーザー様に使っていただきたいと思っています。

THKはアクチュエーターだけでなく基本ソフトウェアの提供も行っています。マスターシステムは、小型汎用マイコンSEED-MSをコアとして用い、さらに複雑な多軸制御コントロール機能、他システムとの様々なプロトコル変換機能、さらに多点入出力、画面表示、無線機能などをソフトウェア開発キットと一緒に提供することで、ユーザー様の次世代ロボット開発コスト低減をサポートしています。

この記事内容を問い合わせる

コメント
blog comments powered by Disqus
関連記事

LOADING...

LATEST

  1. 08
  2. 08
  3. 08
  4. 08
  5. 08

MOST POPULAR

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 全期間