ikinamoJapanYouTubeヘッダー
白銅、3Dプリンターを使い金属部品の受託製造を開始

3D

白銅、3Dプリンターを使い金属部品の受託製造を開始

白銅は3Dプリンターを使い金属部品の受託製造を今年から開始しました。アルミ、銅、ステンレスなどの棒や板といった金属材料を切削加工業者に販売する同社は、まだあまり浸透していない3Dプリンターを使った造形品を手がける事で新しい形の「もの作り」を他社に先駆け取り組んでいます。

"今までの部品は、金属の固まりを棒とか板とかまたは鍛造で作ったり鋳物で作ったものを削って作るというのが一般的な作り方でした。3Dプリンターは粉を固めて作りますから今までできなかった複雑な形状のものでも作れます。また、鋳物、鍛造ですと金型を作ってから部品を作るということになりますが、金型なしで複雑な形状のものが作れることが最大の特徴であると考えています。"

日本国内では3Dプリンターは大学や大企業の研究所など一部で、試作品の制作を中心に使われています。白銅では幅広く自動車、航空機、金型メーカなどをターゲットに試作品だけでなく量産品の製作サポートも提供しています。

"実際には、金型自体をこれで作ってしまう事もできますし、今まで金型を作って造形したものを金属(粉)でそのまま製品を作ってしまうということができます。お客様によりますと、今までは2−3個の部品をねじ止めみたいなものでつなぎ合わせて作っていたものを、3Dプリンターでは一個もので作ってしまうことで部品点数を減らす為に使うというお客様もいます。"

白銅はまず、国内ユーザ向けの技術を確立することに注力する一方、同社の海外拠点から引き合いがあれば対応していく考えです。また、将来は日本製の3Dプリンター造形品を開発国を中心に展開していくことも視野に入れています。

この記事内容を問い合わせる

コメント
blog comments powered by Disqus
関連記事

LOADING...

LATEST

  1. 08
  2. 08
  3. 08
  4. 08
  5. 08

MOST POPULAR

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 全期間