MATERIALS
MATERIALS »
メッキと塗装を融合させた技術
メッキと塗装を融合させた技術
FEATURED
 
2016年09月01日
ワイピーシステムは国の支援を得て、絶対に剥がれない表面処理技術であるカラーC B(コールドブラック)を実用化しました。従来のメッキ技術は折り曲げると剥がれてしまいます。一方で塗装は厚くつけなければなりません。カラーCBは両方の欠点を補ってメッキと塗装の長所を取り込み5~20ミクロン程度の非常に薄い膜を可能にした技術です...
MATERIALS »
サブミクロン精度のゲージ製作技術を取り込んだ治具製作技術
サブミクロン精度のゲージ製作技術を取り込んだ治具製作技術
 
2016年06月14日
東亜精機工業は、サブミクロン(1万分の1ミリ)の高精度が求められるゲージ製作で培った技術により、10−20ミクロンの治具をすべてオーダーメイドで設計・製作しています。 治具を製作するために必要な機械は、仕上げがメインの機械になりまして、平面研削盤であり、円筒研削盤、内面研削盤というものが主になります。それ以外にジグボー...
MATERIALS »
硬質六価クロムめっきに代わる微粒子分散複合めっき技術
硬質六価クロムめっきに代わる微粒子分散複合めっき技術
 
2016年06月14日
吉野電化工業は国の支援を得て、今回多元系ニッケル合金めっき、機能性微粒子分散めっきおよび熱処理の3種類の技術を融合させることで、硬質クロムめっきに匹敵する高硬度、高耐食性、耐摩耗性を有するめっき技術を開発しました。 現在幅広く使われている硬質クロムというめっきは、高硬度、高耐食性、耐摩耗性に優れていて使われています。デ...
MATERIALS »
微細部品への精密めっき
微細部品への精密めっき
FEATURED
 
2016年06月14日
エルグは国の支援を得て極めて小さい部品を精密にめっきする技術を開発しました。微細部品の場合、製品をめっき液に入れると浮いてしまうことから始まり、取扱い・治工具等さまざまな問題が御座います。 エルグは独自の技術により線径16ミクロンのコイルスプリングや髪の毛よりも細い外径70ミクロンのピンなどの部品にめっきを可能にしまし...
MATERIALS »
電気自動車向けIGBT用高性能ヒートシンク成形用金型
電気自動車向けIGBT用高性能ヒートシンク成形用金型
FEATURED
 
2016年06月14日
中村製作所は国の支援を得て、電気自動車向けパワー半導体IGBT用高性能ヒートシンク成形用金型を開発しました。電気自動車の高性能化に伴い、発熱量が増加していますが、今回の技術によりヒートシンクの冷却効率向上、小型化、低コスト化が可能になります。 今まではアルミの材質で、ピッチ1mmくらいのもののフィン加工の金型でした。今...
MATERIALS »
ガスインジェクション技術を用いた樹脂パイプ開発
ガスインジェクション技術を用いた樹脂パイプ開発
FEATURED
 
2016年06月14日
ジュンコーポレイションは国の支援を得て、ガスインジェクションによる空洞化技術を使い樹脂パイプ部品を開発しています。部品を金属から樹脂に変えることで50%以上の軽量化が実現でき、さらに一体化が可能になることから工数の削減による納期短縮やコストダウンが図られます。 鉄の場合ですと、真っすぐのパイプを曲げて、両端に抜け止めの...
MATERIALS »
ステンレス製品に特化した製缶工場
ステンレス製品に特化した製缶工場
 
2016年03月23日
羽田工業所はステンレス製品に特化した専用工場を福島県郡山市に新設しました。政府の支援を得て作られたこの工場は、製造から研磨、洗浄まで一貫体制で食品、薬品向け各種タンクやサイロなどから、乾燥機やコンベアなどの産業用器具まで幅広い領域の製品を手がけることで、同社のステンレス製品の生産能力拡大強化に貢献しています。 従来第1...
MATERIALS »
絶縁物試料も前処理なしで観察・分析可能な卓上電子顕微鏡
絶縁物試料も前処理なしで観察・分析可能な卓上電子顕微鏡
 
2016年02月25日
日立ハイテクノロジーズは絶縁物や水を含んだ試料も前処理無しで誰でも手軽に観察・分析できる卓上電子顕微鏡「TM3030Plus」を開発しました。この製品は幅33cm、奥行き60.6cm、高さ56.5cmとコンパクトでありながら、上位機種でも採用されている半導体反射電子検出器と独自の低真空2次電子検出器を標準装備することで...
MATERIALS »
独自技術で美しい黒を表現、ステンレス発色技術「アベルブラック」
独自技術で美しい黒を表現、ステンレス発色技術「アベルブラック」
 
2015年07月14日
ステンレスの表面加工処理を行うアベルは、独自技術により意匠性と機能性を兼ね備えた「アベルブラック」という独自の表面加工技術を広く展開しています。 “ステンレスに色をつけようとするとメッキや塗装がまず最初に思い浮かびますが、 メッキや塗装はすぐ剥がれてしまうというのがステンレス材の欠点です。したがって、ステン...
MATERIALS »
航空宇宙関連部品の精密加工
航空宇宙関連部品の精密加工
 
2015年07月10日
航空・宇宙産業関連の部品の製作を行う福島県相馬市のスター精機は、マシニングセンタ、汎用フライス盤、汎用旋盤、ワイヤ放電加工機、研磨機、NC旋盤などの設備を有し、設計から部品加工、組み立てまでを一貫して行っています。 “お客様からの要望があり、型の無いものから型にすることが当社の特徴です。かなり複雑な形状の図...

LOADING...