IOT
IOT »
味を見える化できる味覚センサー
味を見える化できる味覚センサー
 
2016年06月14日
IOT
インテリジェントセンサーテクノロジーの味覚センサー「TS-5000Z」は、人間が感じる「苦味」、「甘味」、「うま味」、「塩味」、「酸味」という基本の味(あじ)に加え、「渋味」や「キレ」「コク」などの後味にも反応します。「人工脂質膜」という独自の膜をまとった「人工の舌」と言えるもので、この膜に味の物質が付くと電圧が変化し...
IOT »
クラウド解析計算サービス
クラウド解析計算サービス
FEATURED
 
2016年06月14日
先端力学シミュレーション研究所、通称アストムは、国の支援を得たデジタルエンジニアリング基盤構築事業でのフィードバックを基に、解析計算サービス「P-Cloud」の商品化に成功しました。パッケージソフトを頻繁に使用しない中小企業ユーザに向け、解析結果の素早い設計への反映、納期短縮、コスト削減などをアピールしていきます。 初...
IOT »
ワイヤレスノギス
ワイヤレスノギス
 
2016年03月25日
loT
中村製作所は、ノギスで測定した数値をパソコンやタブレットに送信する無線ノギスE-FWを開発しました。ノギスに発信機能が組み込まれており、パソコン側に付属のUSB型受信機を接続するだけで使用できます。 本来ですと受け入れ検査等で測定をして、数字を読み取って、手書きで検査票に記録をする。そういう繰り返しで検査が完了するんで...
IOT »
簡単に歪みを測定し品質管理を可能にした『フルオートストレインアイ LSM-9000LE』
簡単に歪みを測定し品質管理を可能にした『フルオートストレインアイ LSM-9000LE』
 
2014年06月16日
ルケオはガラス製品やプラスチック製品の歪みや複屈折を簡単に定量測定する「フルオートストレインアイ LSM-9000LE」を開発しました。 “こちらは操作が簡単な二次元測定型の歪み測定器です。従来の測定器は試料の一ポイントしか測定ができませんでしたが今回のフルオートストレインアイLSM-9000LEは試料の全...
AR »
実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース
実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース
FEATURED
 
2013年04月15日
富士通研究所は、実世界の物に対する手指の位置やタッチなどの操作を汎用のカメラを用いて高精度・高速に検出する技術を開発しました。例えばテーブルの上の書類を指でなぞって電子データとして取り込んだり、触った物にプロジェクターで情報を表示したりすることが可能で、2014年度の製品化を目指しています。

LOADING...