AR
AR »
実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース
実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース
FEATURED
 
2013年04月15日
富士通研究所は、実世界の物に対する手指の位置やタッチなどの操作を汎用のカメラを用いて高精度・高速に検出する技術を開発しました。例えばテーブルの上の書類を指でなぞって電子データとして取り込んだり、触った物にプロジェクターで情報を表示したりすることが可能で、2014年度の製品化を目指しています。

LOADING...