3D
3D »
2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
FEATURED
 
2016年08月31日
3D
2Dイラストを3D空間上で立体的に動かす、独自の映像技術を持つ株式会社Live2Dは、360度の立体表現に対応した新シリーズ「Live2D Euclid」を開発しました。 Live2Dは、3Dモデルでは再現が難しかった原画本来の魅力を損なわずに、絵のまま自由に動かせることから、2009年の提供開始以来、100件以上の商...
3D »
5軸制御加工を用いたハイブリット3Dプリンター
5軸制御加工を用いたハイブリット3Dプリンター
 
2016年03月29日
榎本工業は、静岡文化芸術大学やソフト会社C&Gシステムズなどが参画する3Dプリンター研究会に参加し、5軸制御技術を用いて積層と切削を1台で連続して行う日本初の5軸ハイブリット3Dプリンターを開発しました。 従来の(3D)プリンターは平面で積層するプリンターが主でしたが、この機械は平面積層ではなく5軸の積層とい...
3D »
独自機構の高速3次元運動で効率的な破砕・混合が可能な「3Dボールミル」
独自機構の高速3次元運動で効率的な破砕・混合が可能な「3Dボールミル」
 
2015年05月11日
3D
ナガオシステムが政府の支援を得て開発した「3Dボールミル」は、縦横2つの回転軸を持つユニークなボールミルです。 ボールミルとはセラミックスなどの硬いボールと材料となる試料(粉)を容器にいれて回転し衝突させることで材料をより微細な粉末を作る装置です。容器が筒状で一方向に回転させる「転動ボールミル」といわれているものが代表...
3D »
白銅、3Dプリンターを使い金属部品の受託製造を開始
白銅、3Dプリンターを使い金属部品の受託製造を開始
 
2015年05月08日
白銅は3Dプリンターを使い金属部品の受託製造を今年から開始しました。アルミ、銅、ステンレスなどの棒や板といった金属材料を切削加工業者に販売する同社は、まだあまり浸透していない3Dプリンターを使った造形品を手がける事で新しい形の「もの作り」を他社に先駆け取り組んでいます。 “今までの部品は、金属の固まりを棒と...
3D »
美しいグラフィックでサイバー攻撃をリアルタイムに可視化、警告を発するシステム
美しいグラフィックでサイバー攻撃をリアルタイムに可視化、警告を発するシステム
 
2012年06月19日
情報通信研究機構は、Interop Tokyo 2012において、対サイバー攻撃アラートシステム「DAEDALUS(ダイダロス)」の動態展示を行いました。 DAEDALUSは、ネットワークなどが攻撃されている様子をリアルタイムに可視化することができます。中心にある球がインターネットを表しており、その周りを回っているサー...
3D »
「リアルラブドール」人間に近いリアルな質感のシリコン製ボディ
「リアルラブドール」人間に近いリアルな質感のシリコン製ボディ
FEATURED
 
2011年04月15日
オリエント工業は上野の自社ショールームにおいて、リアルラブドールシリーズの展示をおこなっています。 製品は大きく3つのタイプに分けられます。重量4kgで取り扱い易い布製ボディ、腕や足の各パーツが着脱可能なソフトビニール製ボディ、リアルな質感を持つシリコン製ボディです。 独自開発のシリコンを素材に用いたリアルラブドールア...

LOADING...