ikinamoJapanYouTubeヘッダー
防災・減災へ向けての予測研究

NEWARTICLE

防災・減災へ向けての予測研究

金田義行氏が研究開発課題責任者をつとめる、HPCI戦略プログラム分野3「防災・減災に資する地球変動予測」地震・津波の予測精度高度化に関する研究は、「地震課題」、「津波課題」、そして「地震や津波が都市に与える被害を評価する都市の課題」という3つのテーマに関する研究を「京」コンピュータを中心とするスーパーコンピュータを使い、高精細・高精度な統合シミュレータの構築を目指し、地域の防災・減災対策に役立つような研究を続けています。

"我々は、2011年の東日本大震災で甚大な津波の被害を目の当たりにしたわけですが、これから我々が迎えるであろう、南海トラフ巨大地震あるいは首都直下地震、これはいずれにしても大きな被害が想定されているわけです。地震や津波のいわゆる広域複合災害という事を考えた時に、日本列島あるいは西南日本、あるいは首都直下のいわゆる首都圏を非常に精緻に色々なシミュレーションができる。これは非常に素晴らしい事です。この「京」のようなコンピュータを使うことで、より複雑なそしてより多くのパラメータを使う事で、いわゆる我々が今まで見えなかった現象もある程度見えてくる。そんな事が研究面としては期待できると考えています。"

東日本大震災後の調査によって得られたデータに基づいて、津波モデルと町モデルを「京」コンピュータ上に作り上げ、津波モデルでどの程度の被害があるか、そしてそれを実際の被害と比較する事で、シミュレーションの精度あるいは信頼性がどこまで正しいかという事を検証しています。現在、シミュレーションでは5メートルのメッシュを使う事が可能です。

"実際に今の「京」コンピュータも含めて、次世代の大型計算機を使った場合に、リアルタイムでどこまで色々な評価ができるかという研究も進めています。勿論これは計算機だけが速いだけでは十分ではありません。つまり色々な観測データをできるだけ即時にとらえて、それをシミュレーションに使えるということです。そのためには特に地震や津波、津波に関して言えば沖合の色んなデータをきちんと取る事が重要です。そのためには観測網を整備するという事、そしてそのデータを即時に使えるというその仕組みがあります。"

このプロジェクトでは、得られたデータをデータベース化することで市町村レベルでの色々な細かいシミュレーションを可能にし、西南日本、あるいは首都直下のような地震や津波がどこで起きても、安全で比較的被害が少ない場所からデータベースへのアクセスを行えるようにし、活用する事で、リアルタイムもしくはセミリアルタイムに被害規模を想定し評価できることを目指しています。

この記事内容を問い合わせる

コメント
blog comments powered by Disqus
関連記事

LOADING...

LATEST

  1. 08
  2. 08
  3. 08
  4. 08
  5. 08

MOST POPULAR

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 全期間