ikinamoJapanYouTubeヘッダー
温度湿度CO2が同時に1台で計測可能な「GMW90シリーズ」

NEWARTICLE

温度湿度CO2が同時に1台で計測可能な「GMW90シリーズ」

ヴァイサラは温度湿度に加えてCO2が測定可能な計測器、デマンド制御空調用途向けCO2湿度温度変換器「GMW90シリーズ」を開発しました。

"CO2センサが今回新しくなりました。マイクログローテクノロジー(Microglow技術)というMEMS(微小電気駆動システム技術)を使った光源を使用しています。従来は白熱電球を使っていましたが、白熱電球だと熱容量が大きかったり、寿命が短かったりという問題がありました。それをMEMSの光源を使用することにより、寿命を2倍にすることができたという点と、発熱量を4分の1にすることができました。熱があるとどうしても湿度が正確に計れないという問題があります。3つの要素を1台で測ることが難しかったのですが、今回新しくCO2を計測する技術が出来たことにより、1台で正確に測ることができました。"

従来使われているCO2計測に用いられている技術は大半がNDIR方式(非分散型赤外線吸収法)です。NDIR方式では必要な光線が経年劣化により、光の経路が汚染され検出が難しくなってしまいます。しかし、ヴァイサラのCARBOCAP®センサは、2つの波長で交互に計測するという独自開発の技術を採用しています。これにより一方の波長でCO2を計測し、もう一方のどのガスにも吸収されない 波長で光線強度と汚染レベルを決定します。

"スマートビルディングなどでお使い頂く時に、従来の温度湿度だけではなくて、CO2も制御に加えることで、換気のタイミングをはかります。温度湿度をコントロールする時に、どうしてもエネルギーが必要になります。エネルギーを最適化するためにこの製品をお使い頂く、ということをコンセプトにしています。"

特別な設定は必要なく、電源を入れるだけで自動的に計測を行うことができます。また、温湿度センサ、CO2センサともにモジュール化されているため、ヴァイサラの工場で校正された新しいモジュールとの交換が可能です。

"ビルや工場が増々スマート化されて行く中で、効率よく空調制御ができるようになることを目指しています。空調を効率よく使うことで、エネルギーの省力化に繋がり、地球環境への負荷を少なくしていくことを目指せれば良いなと考えています。"

この記事内容を問い合わせる

コメント
blog comments powered by Disqus
関連記事

LOADING...

LATEST

  1. 08
  2. 08
  3. 08
  4. 08
  5. 08

MOST POPULAR

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 全期間